*Sakura*色

ハンドメイドの記録と,日々の出来事を綴ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り出し物

大変遅ればせながら・・・。

この夏休み、我が家は古本屋に目覚めましたっ!!
知らなかったよ~。
こんなに古本屋が楽しいなんてぇぇえ。

子供達も、お小遣いの範囲で買えるので、
『古本屋に行く』と言うと、付いてきます。

お店によって、置いてある本が違うのも楽しくて、
大阪の実家でも、わざわざ行ったの。

私が見つけたのはこれ。
honn_20090819083226.jpg
honn2.jpg
どれも、状態がいいし、なんといっても半額以下で買えるのが魅力ですねっ!

長女は、『ダレンシャン』という本にはまって、
ひたすら買い集めてます。
honn3.jpg
分厚いし、13巻もあるんです。
普通に買ったら、いいお値段のこの本も、
古本屋なら、こどものお小遣いで買える値段なんですよね~。

絶版になったこうの早苗さんの
『パッチワークにシルクと花柄 キルトに7つの私流』
が欲しいんだけど、いつか出会えないかな~。

*Comment

りこさんへ。 

部活も同じだし、本も・・・。
きっと、話がはずむよね♪
  • posted by kiyo 
  • URL 
  • 2009.08/21 22:04分 
  • [Edit]

 

わぁ~うちの娘とkiyoさんの娘さん気が合いそうだね( ´艸`)

ちなみに、、
お薦めの本は読んだことないって。
でも 面白そうだから読んで見たい~~!
って娘言ってるi-185
  • posted by りこ 
  • URL 
  • 2009.08/21 13:42分 
  • [Edit]

りこさんへ。 

行ってみるまで知らなかったけど、
いつも、すごい人なの。
駐車場もいっぱいなのよ~。
確かに、安くて、欲しい本が手に入るなら
魅力的だもんね♪
ぜひ、行ってみて~。
こっちとは、違う品揃えかも・・・。

長女に、りこさんの娘さんもダレンシャン読んでたこと
話したら、『会いたい~』って言ってたよ。
ダレンシャンを語り合う仲間がいないのよ。
だって、あの細かい字にあの巻数・・・。
長女に勧められたけど、拒否したわっ!
ちなみに、ハードカバーのダレンシャン定価1600円が、
100円で買えたんだよ!

それと、長女より、りこさんの娘さんへ。
『アモスダラゴン』もおもしろいよ♪
だそうで・・・。
もう読んだかな???
  • posted by kiyo 
  • URL 
  • 2009.08/20 10:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

才ノヽ∋―_φ(≧ω≦*)♪
古本屋かぁ~気が付かなかったなぁ。
今度 私も探しに行ってみようかな?^^
手芸関係の本はどれも高いものねi-195 でも流行があるものでもないし状態が良ければ出会えたらラッキーかも!

ダレンシャン、うちの子も小学校の時にハマってさ。
一日一冊くらいの勢いで読んでた(笑)面白いみたいだね。
ぁ もちろん買ったのではなくて学校の図書室で借りてだけどねi-235
  • posted by りこ 
  • URL 
  • 2009.08/19 09:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://dxrtx113.blog20.fc2.com/tb.php/706-c8fc391c

左サイドMenu

プロフィール

Kiyo

  • Author:Kiyo
  • 愛知県在住。
    主人、大学生、高二の娘との4人家族。
    長女は、東京で一人暮らししています。
    日本手芸普及協会「講師科」
    2015年に終了しました。
    今は、好きな物を思いつくまま作ってます。


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
    にほんブログ村

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お気に入り

刺繍は  たかこ@caramel milk teaさんの“何度でも食べたい、ずっと作り続け

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

Blog Roll

最新記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。